So-net無料ブログ作成
登記行政を斬る ブログトップ

各種図面閲覧手数料も200円が妥当では [登記行政を斬る]

先に、「公図閲覧手数料は200円が妥当では」との記事(12月4日付け)を投稿した。

図面情報システム稼働庁での地積測量図、建物図面及び各階平面図の閲覧についても同じことが言います。

これらの図面の写し証明書の発行手数料は一事件500円です。

地図(公図)の写し証明と同じように、これら図面の写しの書面に認証文と登記官の公印を押印して、それなりに体裁を整いて発行してますから一事件500円は仕方がないかもしれません。

が、それに引き換え、これら図面の閲覧については、地図の閲覧と同じように白紙にこれら図面を印刷するだけであって、認証文も登記官の公印の押印もないものを閲覧用の図面として発行するわけですが、これも、手数料として500円です。

やはり、地図の写し証明書と同じく高いと思いませんか。

先の記事でも触れましたが、以下、再度、掲載しますよ。

登記事項証明書と登記事項要約書の発行手数料との関係と比較しても、登記事項証明書の手数料
窓口申請で700円です。
登記簿の閲覧に代わるものとして発行する登記事項要約書の手数料は500円です。

登記事項要約書は、メモ的なものとして発行しますから、記載されている登記事項も簡略化されており、認証文も登記官の公印の押印もありません。従って、発行手数料は500円。

であるなら、閲覧用の各種図面も認証文も登記官の公印の押印もないものを発行するわけですから、手数料としては、取っても、一事件200円が妥当ですよね。そうは思いませんか。

法務省民事局の高官殿、国民の為ですよ。早急に、ご検討くだされ。

〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
        法 務 省  電話:03-3580-4111(代表)

共通テーマ:仕事

公図閲覧手数料200円が妥当では [登記行政を斬る]

いわゆる「公図」と称される、明治時代に作製された土地台帳の附属地図は、登記所に不登法第14条地図が備え付けるられるまでの間、「地図に準ずる図面」として備え付けられております。

「公図」が例え明治時代に作製されたものであっても、現代社会の不動産取引・担保権設定などに広く利用されていることは事実であり、それなりに重要な図面です。

重要な図面ではありますが、当時(明治時代)の測量方法や測量技術などが粗雑なものであったということもあって、公図は実測図と異なり、線の長さ(距離)、面積等については正確性はあまり期待できませんが、各筆の土地のおおよその位置関係、地形境界線のおおよその形状については、それなりにその土地の特徴を地図上に表現してますね。

地図(公図)=地図に準ずる図面(土地台帳附属地図)の写しの証明書の発行手数料は500円です。

手数料、多少、高いのではと感ずるが、地図をCP化したことでもあり、地図の写しの書面に認証文と登記官の公印を押印して、それなりに体裁を整いて発行してますから仕方がないかもしれませんね。

それに引き換え、地図の閲覧については、白紙に地図を印刷しただけであって、認証文も登記官の公印の押印もないものを閲覧用の地図として発行するわけですが、これも、手数料として500円です。

なんか、これって、高いですよね。

登記事項証明書と登記事項要約書の発行手数料との関係と比較しても、登記事項証明書の手数料は窓口申請で700円ですね。登記簿の閲覧に代わるものとして発行する登記事項要約書の手数料は500円です。

登記事項要約書は、メモ的なものとして発行しますから、記載されている登記事項も簡略化されており、認証文も登記官の公印の押印もありません。
従って、500円。これも、多少、高いと感じますが、まあ、良しとしますか。

であるなら、閲覧用の地図も認証文も登記官の公印の押印もないものを発行するわけですから、手数料としては、取っても200円が妥当ですね。それを500円とは取り過ぎ、ボッタくりですよ。

法務省民事局の高官殿いかがかな。引き下げると財務省から文句が出ますかね。
でも、国民の為ですよ。早急に、ご検討くだされ。

〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
        法 務 省  電話:03-3580-4111(代表)

共通テーマ:住宅

不動産番号を使ったことありますか [登記行政を斬る]

登記簿の不動産番号をご存知ですか。地番や家屋番号ではありませんよ。不動産番号です。

不動産の所有者などの認識率も悪いですし、当然、使ったことがある所有者の方も非常に少ないでしょうね。

所有者がこのような状態ですから、それ以外の国民で知っている方は、業界関係者程度であって、不動産番号を使ったことがある国民となるとほとんど皆無に近いのではと推測しますね。

そこで、不動産番号とは。

あまり知られていませんが、日本全国の登記された土地1筆ごと及び登記された建物1個ごとに、それぞれに13桁の番号を付けてあります。

言ってみれば、不動産総背番号制ですね。
どこにその番号は書いてあるか?

それはでは登記事項証明書を確認してください。

土地及び建物であれば、表題部の1行目の右を見てください。
区分建物であれば、専有部分の表題部の1行目の右端欄を見てください。

ありましたね。13桁の数字が。記載枠に不動産番号と表示されていますので判ると思いますよ。

不動産番号  0201002360530

お、なんと、読みにくく、見にくいですね。
この番号を見ながら数字を書き写したとしても、書き損じる事が多いと思いませんか。
だから、交付請求書に記載して使用することを敬遠するのですよ。

では、次のように記載されていたら、どうですか。

不動産番号  0201-002-360-530

誰が見ても、一目瞭然ですね。書き写すのも楽で、書き損じることも少なくなるでしょうね。

法務省民事局の机上〇鹿ども、何とかせんか。
 ※机上〇鹿・・・・現場の実情・実態を知らずに机の上だけで企画立案する〇鹿

拙者のような凡人は、アンタたちと違って、東大や京大に入学するほどの頭の中身を持っている訳ではありぁせんのよ。

アンタたちは、13桁の数字の羅列を一瞬で記憶して、書くことなどは「屁の河童」なのかもしれんが、国民の大多数に、それを求めるのは無理があるとは思わんのですか。

であるなら、使用を促進するためにも、上記のように、4桁-3桁-3桁-3桁に区切って付番することですよ。
4桁-4桁-4桁-1桁でも良いか。

机上〇鹿ども、4桁-3桁-3桁-3桁に区切ることに意味を持たせようと思うなよ。そんなことを考えるから、導入できなくなるんだよ。単に、読みやすく、書き写し易くすることで良いのではありませんか。

そうすれば、証明書の交付請求書に記入して、使用する国民も多くなると思うのだが。

交付請求書を受け付けるに際して、「住所ではありませんよ。地番ですよ。地番を記入してください。
家屋番号も記入してください。」と、一々、口やかましく、説明する必要もなくなるので、クレームも少なくなり、また、CP端末機の入力もスムーズになり、若しかすると、利用の促進を図っている自動交付請求機の利用率も上がると思いますが、いかがかな。

でも、やらんだろうな。民事局の机上〇鹿どもは、やらねいだろうな。

であるなら、法務大臣に直訴ですね。

「お大臣様 おねげいですだ。机上〇鹿どもを成敗してくだされ。」

〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
        法 務 省  電話:03-3580-4111(代表)

共通テーマ:住宅
登記行政を斬る ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。