So-net無料ブログ作成

「各階平面図訂正」検索ワードから [登記申請手続き]

おはようございます。まあ、ご訪問いただく理由はどうであれ、再三再四のご訪問ありがとうございます。

検索ワードから記事ネタいただきました。「各階平面図訂正」ですね。

拙者の推測するところ、これは、多分、登記所にある各階平面図に誤りがあるのを発見したので、正しい各階平面図と差し替えたいのだが、その手続き方法は。であるか。

登記所に備え付けられている各階平面図は、建物新築時の表題部登記申請又は建物増築若しくは一部取り壊し等による床面積変更登記申請の際に提出されたものですね。

なお、その建物が「誰の所有であっても」、登記所に手数料を支払いば、「何人」でも、その図面を閲覧することも、図面証明書の交付を求めることもできまよ。

「不動産登記法」の目的は、国民の権利の保全を図り、もって取引の安全と円滑に資することを目的とするとされていますね。

その登記所備え付けの各階平面図、その他の図面類についても同じことですが、それに誤りがあってはね。登記所には、正確な登記情報(図面情報を含む)を国民に提供する義務がありますね。

故に、不動産についての表示に関する登記については、表題部所有者又は所有権登記名義人にその表示に関する登記すべき情報を登記所に一ヶ月以内に提供する申請義務が課せられておりますよ。

その課せられている申請義務を怠った場合は、「過料」として、十万円以下に処すと定められておりますね。そうなんです。不動産登記法に定められておるんですよ。

そうですか。初めて知りましたか。まあ、処せられたという話は、拙者の知る限りでは聞きませんので、同じように、国民の大多数は「過料」に処せられることを知る由もありませんね。

それに、登記所側にも、まあ、諸々の事情があって、なかなか、不動産登記申請義務違反事件として立件できないのですね。国民には幸いですけどね。

それに反して、商業登記法では、定められた期間を懈怠すると申請義務違反として立件され、検察庁に通告されて、「過料」としての懈怠金が代表取締役に課せられますよ。バッチリとね。

少し、脇道にそれましたね。本筋に戻ります。

登記所に提出された「各階平面図」(以下、単に図面と称します。)を訂正することになる事由と登記の申請目的をパターン別に分けますね。図面の作成方法は、ズ~ッと前の記事を参照してください。

先ず、パターンは「青」・・・・・・・オットと。失礼。今、ニヤリとした貴方。パ○○コのエヴァ依存症かもね。まあ、拙者も他人のことをとやかく言いないですが。はい。またまた、脱線ですね。

事例の1 図面に記入した縦と横の距離を逆に誤記した。まあ、分かり易く言うと長方形の縦と横の距離を逆に誤記した。

この場合は求積した面積に誤りはありませんよね。縦掛ける横が、横掛ける縦となっただけのことで、求めた結果は同じですね。

よって、誤記した縦と横の距離を訂正した図面を添付して、「各階平面図訂正申出書」を提出します。なお、前に投稿した「建物図面訂正申出書」の記事を参考にしてください。

事例の2 図面を作図した際に、床面積に参入される出窓の位置を誤記した。これも、分かり易く言うと東側の出窓を西側の位置に誤記した。多数の分譲住宅の左右対称デザインの建物などであり得ますね。

この場合も求積した面積に誤りはありませんよね。作図で位置を誤記しただけですからね。

よって、正しい出窓の位置に訂正した各階平面図を提出することになりますが、タダですね。誤った出窓の位置が1階の場合には、建物図面の訂正も必要になりますので、併せて、「建物図面・各階平面図訂正申出書」を提出します。

事例の3 建物の距離の測定を誤ったために、提出した図面の作図に誤りがあり、また、求積計算表に誤記がある。

この場合は、単に正しい図面に差し替えると言うことではありませんね。そもそも、登記した床面積に誤りがあることになりますので、「錯誤」を登記原因として、正しい建物図面と各階平面図を添付で、「建物床面積更正登記申請書」を提出することになります。

要は、図面を訂正することで、登記床面積に増減が出るのであれば、「更正登記申請」をすることになり、登記床面積に変動がないのであれば、「図面訂正申出」をすることになりますね。

まあ、いずれにしても、訂正する図面の作製者が「土地家屋調査士」であれば、その者に訂正の手続きをするように求めてくださいな。当然、訂正に要する諸費用は、その者の全額負担ですよ。

蛇足ですが、チョット、ついでにね。「錯誤」、検索ワードでも多い登記原因の「錯誤」ですが、これ、ある爺さんが言ってましたね。

「錯誤って、所有者の頭が錯乱したとの登記かね。ヤダね~。」・・・・・・・・・。はい。はいと。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

追記 12月は「師走」。まあ、一応、拙者もですね。員数合わせの「士(師)」なので、ここは見栄を張って、走ります。忙しい。忙しいとね。故に、12月には記事の投稿はありませんね。

それでは、良いお年を。・・・・・・・チョット、早いかな。まあ、いいでしょう。

共通テーマ:仕事

入会式に出席して [お知らせ]

こんにちは。何時もの暇つぶしのご訪問ありがとうございます。

さて、昨日、本会主催の入会式、まあ、言うなれば、登録証の交付式ですね。出席しました。
当日出席した新入会者の数は約50名前後。数えた訳ではありませんが、その位でしたね。

まあ、多かったのは、30代、40代位の年齢の方ですね。結構、女性の会員の数も多かったですよ。
拙者と同年齢と思われる方も1名おりましたよ。見た目、外形からですけどね。

さすが、日本一の大所帯の会員数を誇る本会ですね。入会者が後を絶ちません。
でもね。本日の入会者のうち、3年以内に退会となる者の数は、まあ、3分1は下らないでしょうね。

とくに、事務所を借りて、新たに自営として開業する者で、残るのは、精々、10人に1人、1割程度でしょうね。

今時、資格登録して、まあ、どんな資格でも同じことですがね。食べていくのは大変よ。なかなか、新人が入りこめる場所はありません。競争が厳しいですからね。

まあ、使用人たる司法書士もそれらの開業者の動向を安閑として、眺めているわけにはいきませんよ。
来年は、この業界、特に債務整理専門の大手事務所と称される事務所の若い使用人司法書士には、解雇の大嵐が吹きまくることになりますからね。

でもね。解雇されたからと、即、独立は考えものですよ。世の中、アンタらが、考えているほど甘くありませんからね。慎重に考えましょうね。

再三再四、登録入会、廃業を繰り返した拙者からのアドバイスですよ。

もし、どうしても、開業を考えるなら、自分の生まれ故郷、若しくは、配偶者、妻とは限りませんね。資格者が妻なら、旦那のですね。生まれ故郷で開業することですね。

生まれ故郷の町。親族、同窓生などが多く住む町。きっと、温かく迎えてくれて、開業を応援してくれますよ。

なに、今まで、親族などとは疎遠であったとな。それは残念やね。まあ、残念ではありますが、それでも、拙者とすれば、生まれ故郷での開業を勧めますね。何とかなりますよ。それが生まれ故郷ですよ。

なに、アンタは東京生まれかね。それはそれは・・・・・・・・・。独立は諦めたほうが無難かな。
と言うことで、本日は、お開き。

はい。以上をもって、資格登録、本会入会関係の記事の投稿は終了しますよ。

以後は、検索ワードから記事ネタを頂いて、月1、2回程度の投稿とする予定ですが、まあ、予定は未定ですね。申し訳ありませんが。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

共通テーマ:仕事

「合筆してなくなった地番の登記簿ってとれる? 」検索ワードから [閉鎖登記事項証明・閉鎖謄本]

こんにちは。

現役復帰記念第1弾としてですね。まあ、拙者の頭も鈍っていますので、簡単な記事から現役復帰記念として投稿しますよ。

検索ワードから記事ネタいただきました。
「合筆してなくなった地番の登記簿ってとれる? 」かですね。

はい。とれますよ。誰でも、どなたのものでもね。とれますよ。

CP化前の登記簿がブック式(紙の登記簿)の当時の合筆であれば、「閉鎖登記簿謄本」で、CP化後の電子登記簿となってからの合筆であれば、「閉鎖登記事項証明書」ですね。

いずれであっても、交付請求書には、「閉鎖年月日」を記入することになりますね。

で、この「閉鎖年月日」はですね。お手元にある合筆後の「登記事項証明書」の表題部(土地の表示)欄③地積欄の右側に、原因及びその日付[登記の日付]欄がありますね。

その原因及び日付欄に、③何番何を合筆とあって、その下に[平成何年何月何日]とあります。この日付が合筆登記の日付です。

となると、合筆によってなくなった土地の閉鎖登記年月日も、合筆登記年月日と同日、つまり、同じ日付となりますので、その日付を交付請求書に記入することになりますね。

まあ、当然ですが、交付請求する土地の地番は、合筆でなくなった土地の地番、上記例の③何番何の地番を記入しますね。

はい。以上ですね。復帰記念第一弾としますよ。まあ、第一弾があるのだから、第二弾もですか。それはどうでしょうかね。拙者の気を引く検索ワードが出たらですね。簡単な記事が作れるならですね。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

共通テーマ:仕事

法人化成りました。 [お知らせ]

2015/11/07

こんにちは。何時もの暇潰しのご訪問ありがとうございます。

法人化成りにより、初期の目的は達成されたことになりますね。員数合わせの社員としての拙者的にはね。
それにしても、まあ、員数合わせの社員ですから仕方がないのかね。

法人化の設立登記が完了しても、昨日6日の正式な初出社日まで、設立登記完了したことの連絡がなかったのが残念でしたがね。まあ、仕方ないですか。

法人の運営には関与しないことでの入社としてもね。やはり、設立登記が完了した旨の連絡位はね。
拙者も社員たる資格者として登記されているわけですからね。それなりに、気に懸けていたわけですよ。

まあ、残念でしたね。出だしからこれかという感じですね。

まあ、それはそれとして。この法人設立で、これで、グループの代表が目的とした専門資格者法人グループによる総合的なワンストップトータルサービスが提供できる体制ができたことになりますね。

税理士法人、行政書士法人、社会保険労務士法人、そして、司法書士法人のグループですよ。
各法人の名称はグループの代表が念願であった名称で統一されていますよ。ブランド化狙いですね。

ただ、司法書士法人の名称としてはね。どうなんでしょうかね。
名称的に会社などの企業および商売人専門の司法書士法人だと思うかもしれませんね。

この名称では、個人の依頼者はチョット分かり難いので、訪問は難いかも。
でも、拙者、一般市民の個人のお客様を大事にしたいですね。

拙者、市民法務手続き支援の「ホームヘルパー二級修了者」であって、宅地建物取引士(旧取引主任者)有資格者でもあり、行政書士有資格者でもあり、土地家屋調査士有資格者でもあり、そして、その正体は、正義の味方「代書人」を標榜してますからね。

個人のご依頼者のご連絡、ご訪問をお待ちいたしております。是非、ご利用のほど、おん願いた~てまつりますです。

タダですね。残念ながら現時点では、事務所の所在地(ある駅からゆっくり歩いて8分~10分)、電話番号、メールアドレス等のアクセツ手段については、お知らせできないのですね。
 ※11/9訂正 アクセツは誤記だね。アクセスが正しい。拙者、訛っているからね。御免なんしょ。

何故なら、このブログについては、拙者の個人的な意思でもって記事を作っておりますので、グループの代表者の承認が得られませんので、明らかにできないのですね。

まあ、待ちましょうかね。明らかにできる日が来ることを。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

追記、同日、午前11時11分 前の記事が消えてしまったね。前の記事をコピーして作成していたつもりでしたが、上書き訂正で作成して投降したので、前の記事が消えたのですね。まあ、お許しくだされ。

前の記事の概要は、資格登録、事前面談、登録完了についての記事でしたよ。


共通テーマ:仕事