So-net無料ブログ作成

「合筆してなくなった地番の登記簿ってとれる? 」検索ワードから [閉鎖登記事項証明・閉鎖謄本]

こんにちは。

現役復帰記念第1弾としてですね。まあ、拙者の頭も鈍っていますので、簡単な記事から現役復帰記念として投稿しますよ。

検索ワードから記事ネタいただきました。
「合筆してなくなった地番の登記簿ってとれる? 」かですね。

はい。とれますよ。誰でも、どなたのものでもね。とれますよ。

CP化前の登記簿がブック式(紙の登記簿)の当時の合筆であれば、「閉鎖登記簿謄本」で、CP化後の電子登記簿となってからの合筆であれば、「閉鎖登記事項証明書」ですね。

いずれであっても、交付請求書には、「閉鎖年月日」を記入することになりますね。

で、この「閉鎖年月日」はですね。お手元にある合筆後の「登記事項証明書」の表題部(土地の表示)欄③地積欄の右側に、原因及びその日付[登記の日付]欄がありますね。

その原因及び日付欄に、③何番何を合筆とあって、その下に[平成何年何月何日]とあります。この日付が合筆登記の日付です。

となると、合筆によってなくなった土地の閉鎖登記年月日も、合筆登記年月日と同日、つまり、同じ日付となりますので、その日付を交付請求書に記入することになりますね。

まあ、当然ですが、交付請求する土地の地番は、合筆でなくなった土地の地番、上記例の③何番何の地番を記入しますね。

はい。以上ですね。復帰記念第一弾としますよ。まあ、第一弾があるのだから、第二弾もですか。それはどうでしょうかね。拙者の気を引く検索ワードが出たらですね。簡単な記事が作れるならですね。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

共通テーマ:仕事