So-net無料ブログ作成

「地図証明書」,「地図の写し証明書」 [地図図面証明]

おはようございます。本日もご訪問頂きありがとうございます。

「地図証明書」と「地図の写し証明書」は、同じもの。別なもの。?

証明する内容的には同じものと言うことができますが、作成される手段・方法が違うために、認証文に大きな違いがありますね。

先ず、「地図の写し証明書」から。

これは、CP化されていない地図及び地図に準ずる図面(旧公図)の写しとして作成されたものであることを証明する書面ですね。
作成方法としては、複写機を利用して写しを作成することになります。

この場合の認証文は次のとおりですね。

「これは地図の写しである。」,又は「これは地図に準ずる図面の写しである。」と付されています。

でもって、「地図証明書」です。

これは、地図がCP化されて電磁的記録に記録されている地図及び地図に準ずる図面(旧公図)の内容を証明する書面ですね。
作成方法は記録されている内容を出力して印刷することになりますね。

この場合の認証文は次のとおりです。

「これは地図に記録されている内容を証明した書面である。」,又は「これは地図に準ずる図面に記録されている内容を証明した書面である。」と付されています。

どうですか。同じものですか。
そうですよね。内容については同じものであっても書面としては別なもの。

貴方もプロ。なれば、しっかりと使い分けることですね。

これは、「登記簿謄本」と「登記事項証明書」についても言いますよ。
今度、取った時に確認してくださいな。これらの認証文の相違点についてもね。

共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。