So-net無料ブログ作成

「地積測量図に地図書入れ済とありますが」検索ワードから [地図図面証明]

記念投稿第8段。・・・ん?。今、気が付いたけど、この場合の「だん」は、「弾」が正解?。・・・・だよね。
訂正します。記念投稿第8弾ですね。前に投稿した記事もそのうち暇を見ながら訂正しますよ。訂正した。

「地積測量図に地図書入れ済とありますが」検索ワードから

本日は簡単な記事にします。

この「地図書き入れ済」とは、土地分筆登記の際に、まま、地図(公図)に新たな分筆線(分割線)を引くのを忘れたり、新たな地番を書き入れるのを忘れたりすることがあるのですね。

登記所の調査担当者の方も、土地分筆申請書を調査して、分筆元の登記事項を確認して、分筆先となる新たな登記簿に現に効力ある登記事項を移記して編さんをする。

多少は、効率化を図られているでしょうが、これは電子登記簿となっても同じような作業をする訳で、なかなか、忙しいわけよね。

すると、彼らも、人間ですからね。うっかり、忘れる場合もありますよ。

そこで、それを防ぐために、地図に分筆線(分割線)を引いたぞ。新たな地番を書き入れたぞ。と確認したことを残すために、地積測量図に「地図書入れ済」と入れたのでしょう。スタンプ印の登記所もありましたね。

共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。