So-net無料ブログ作成

「登記ない場合の家屋番号」「家屋番号が無ければ課税できない」検索ワードから [地番・家屋番号]

記念投稿第7弾。

「登記ない場合の家屋番号」、「家屋番号が無ければ課税できない」
これ、「おもしろ検索ワード傑作集の3」にしますかね。

「登記ない場合の家屋番号」検索ワードから。

建物が有っても、建物として実体が有っても、登記がないのであれば、当然、不動産登記法で定める建物の家屋番号は、その建物に付番されませんよ。

当り前でしょう。登記簿がないのですからね。家屋番号を付番できませんよ。登記官、困っちゃうね。

ただ、登記がない未登記建物を固定資産(補充)課税台帳に登録する場合には、通常、建物の家屋番号欄は空欄とするでしょうが、同一の敷地に数棟の未登記建物が存在すれば、それらを識別する為に、建物番号として、家屋番号としてではなく、建物番号の記号として、備考欄に記載することになるでしょうか。

未登記建物の評価証明書を取り寄せたときなど、そのような記載があったと拙者記憶しておりますよ。


「家屋番号が無ければ課税できない」検索ワードから。

未登記の建物でも、その存在が「ばれれば」、明るみに出れば、当然、固定資産(補充)課税台帳に登録されて課税されますよ。
敵は、税収アップのために定期的に調べていますよ。その点は抜かりありませんね。

特に、建物建築の際に、建築確認申請を必要とする地域であれば、建物完成と同時に補足され課税台帳に登録されますよ。建物の登記があろうが無かろうが。

ただ、稀に、稀にですが、漏れている場合もありますね。それを、期待して、建物の表題登記を申請しないですか。
ご自由にどうぞ。


以上で本日分の投稿ノルマ達成なので、本日は終了しますね。
(なぬ、勤務中に覗いてばかりで、仕事にならなかった。それはそれは。お疲れ様でしたね。)

明日(土曜)、明後日(日曜)は、ノルマ達成のために、夜中に記事一本投げ込みですね。

だってよ。明日、明後日の昼間は、インターネット馬券取引場での「馬券100円投資」の仕事があるの。結構、忙しいのよ。「馬券師」としての仕事が。

故に、このブログの記事を作って遊んでいる暇ないのよ。ご容赦あれ。

共通テーマ:住宅