So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

何時もの記事下の広告を消すためのテンプレートの変更ですよ。 [お知らせ]

2017/10/04


何時もの閑つぶしのご訪問ありがとうございます。


まあ、季節の変わり目なので、何時もの事ですね。


申し訳ありません。


目障りな記事下の広告を消すための投稿で、デザインテンプレートの変更だけですよ。


それでは、このへんで。ごきげんよう。


サイナラ。


追伸 例の「鹿島立ち・・・・・・・・」ですが、10月1日に春日大社を参拝して、ご朱印を賜りました。


通算8日間の一人旅で、高速道路の利用なし、軽自動車の車内泊で全て過ごしました。


参拝の順番を拙者なりに決めていたので、京都、大阪、奈良の間を行きつ戻りつとなりましたが、


成就しました。まあ、だから、どうだと言うこともありませんがね。


で、昨夜、無事に自宅に戻りました。


諸国の参拝した二十四社プラス予定外の一社全ての神々に感謝いたします。


ありがとうございました。



共通テーマ:仕事

「鹿島立ち・・・・・・。」 [お知らせ]

2017/08/02


何時もの、暇潰しのご訪問ありがとうございます。


まあ、読者諸君にとっては、どうでもよいことだとは思いますが、拙者、先月で「古希」を向かいました。

然程の大病になることもなく、無事、現在まで生きながらいたことに感謝いたしておりますよ。


唯、ここにきて、老眼と乱視が一段と進み、パソコンに向かって入力することが、ますます、おっくうになり、まあ、頭の方もだいぶ怪しくなってきていますが。


故に、このブログに新規の記事、法令変更による更新記事の投稿もできませんね。本来であれば、ブログを閉鎖すべきなのでしょうが、全ての記事が、役立たずでもないので、まあ、諸君の暇潰しの訪問が続いている間は、現状を維持しますかね。


とは言い、例の季節の変わり目のテンプレートの変更程度はね。拙者の気晴らしともなるで続けますよ。ご迷惑様と存じますがね。お許しあれ。


処で、標題の「鹿島立ち・・・・・・・」ですが、これはですね。拙者の「古希」の記念事業、記念事業とは少し大げさですが。

その内容は、「鹿島立ち・・・・・・・御蓋山浮雲の峰から春日の森に降り立つ」ことですね。


これは、いままで、生きながらいたことを諸国の神々にご報告申し上げるとともに、感謝を申し上げる諸国一之宮参巡の旅ですね。まあ、諸国と言っても、関東地方から東海道を経て近畿地方の国々ですが。


予定としてですが、途中、当然ですが、別格の伊勢国「神宮」もお参りして、二十三社を10月下旬までに参巡したいと思っています。


まあ、後、10年程度はね。なんとか元気に生きたいですね。諸国の神々様、よろしくおねがいいたします。


と言うことで、本日のご訪問ありがとうございました。なお、これからも猛暑が続くので、熱中症に気をつけてお過ごしください。


それでは、サイナラ。


「鹿島立ち・・・・・・・・」?ですか。ヒントは、「春日大社」のHPですね。まあ、暇つぶしにどうぞ。


共通テーマ:仕事

何時もの記事下の広告を消すためのテンプレートの変更ですよ。 [お知らせ]

2017/08/01


何時もの閑つぶしのご訪問ありがとうございます。


まあ、季節の変わり目なので、何時もの事ですね。


申し訳ありません。


目障りな記事下の広告を消すための投稿で、デザインテンプレートの変更だけですよ。


それでは、このへんで。ごきげんよう。


サイナラ。



共通テーマ:仕事

「各階平面図訂正」検索ワードから [登記申請手続き]

おはようございます。まあ、ご訪問いただく理由はどうであれ、再三再四のご訪問ありがとうございます。

検索ワードから記事ネタいただきました。「各階平面図訂正」ですね。

拙者の推測するところ、これは、多分、登記所にある各階平面図に誤りがあるのを発見したので、正しい各階平面図と差し替えたいのだが、その手続き方法は。であるか。

登記所に備え付けられている各階平面図は、建物新築時の表題部登記申請又は建物増築若しくは一部取り壊し等による床面積変更登記申請の際に提出されたものですね。

なお、その建物が「誰の所有であっても」、登記所に手数料を支払いば、「何人」でも、その図面を閲覧することも、図面証明書の交付を求めることもできまよ。

「不動産登記法」の目的は、国民の権利の保全を図り、もって取引の安全と円滑に資することを目的とするとされていますね。

その登記所備え付けの各階平面図、その他の図面類についても同じことですが、それに誤りがあってはね。登記所には、正確な登記情報(図面情報を含む)を国民に提供する義務がありますね。

故に、不動産についての表示に関する登記については、表題部所有者又は所有権登記名義人にその表示に関する登記すべき情報を登記所に一ヶ月以内に提供する申請義務が課せられておりますよ。

その課せられている申請義務を怠った場合は、「過料」として、十万円以下に処すと定められておりますね。そうなんです。不動産登記法に定められておるんですよ。

そうですか。初めて知りましたか。まあ、処せられたという話は、拙者の知る限りでは聞きませんので、同じように、国民の大多数は「過料」に処せられることを知る由もありませんね。

それに、登記所側にも、まあ、諸々の事情があって、なかなか、不動産登記申請義務違反事件として立件できないのですね。国民には幸いですけどね。

それに反して、商業登記法では、定められた期間を懈怠すると申請義務違反として立件され、検察庁に通告されて、「過料」としての懈怠金が代表取締役に課せられますよ。バッチリとね。

少し、脇道にそれましたね。本筋に戻ります。

登記所に提出された「各階平面図」(以下、単に図面と称します。)を訂正することになる事由と登記の申請目的をパターン別に分けますね。図面の作成方法は、ズ~ッと前の記事を参照してください。

先ず、パターンは「青」・・・・・・・オットと。失礼。今、ニヤリとした貴方。パ○○コのエヴァ依存症かもね。まあ、拙者も他人のことをとやかく言いないですが。はい。またまた、脱線ですね。

事例の1 図面に記入した縦と横の距離を逆に誤記した。まあ、分かり易く言うと長方形の縦と横の距離を逆に誤記した。

この場合は求積した面積に誤りはありませんよね。縦掛ける横が、横掛ける縦となっただけのことで、求めた結果は同じですね。

よって、誤記した縦と横の距離を訂正した図面を添付して、「各階平面図訂正申出書」を提出します。なお、前に投稿した「建物図面訂正申出書」の記事を参考にしてください。

事例の2 図面を作図した際に、床面積に参入される出窓の位置を誤記した。これも、分かり易く言うと東側の出窓を西側の位置に誤記した。多数の分譲住宅の左右対称デザインの建物などであり得ますね。

この場合も求積した面積に誤りはありませんよね。作図で位置を誤記しただけですからね。

よって、正しい出窓の位置に訂正した各階平面図を提出することになりますが、タダですね。誤った出窓の位置が1階の場合には、建物図面の訂正も必要になりますので、併せて、「建物図面・各階平面図訂正申出書」を提出します。

事例の3 建物の距離の測定を誤ったために、提出した図面の作図に誤りがあり、また、求積計算表に誤記がある。

この場合は、単に正しい図面に差し替えると言うことではありませんね。そもそも、登記した床面積に誤りがあることになりますので、「錯誤」を登記原因として、正しい建物図面と各階平面図を添付で、「建物床面積更正登記申請書」を提出することになります。

要は、図面を訂正することで、登記床面積に増減が出るのであれば、「更正登記申請」をすることになり、登記床面積に変動がないのであれば、「図面訂正申出」をすることになりますね。

まあ、いずれにしても、訂正する図面の作製者が「土地家屋調査士」であれば、その者に訂正の手続きをするように求めてくださいな。当然、訂正に要する諸費用は、その者の全額負担ですよ。

蛇足ですが、チョット、ついでにね。「錯誤」、検索ワードでも多い登記原因の「錯誤」ですが、これ、ある爺さんが言ってましたね。

「錯誤って、所有者の頭が錯乱したとの登記かね。ヤダね~。」・・・・・・・・・。はい。はいと。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

追記 12月は「師走」。まあ、一応、拙者もですね。員数合わせの「士(師)」なので、ここは見栄を張って、走ります。忙しい。忙しいとね。故に、12月には記事の投稿はありませんね。

それでは、良いお年を。・・・・・・・チョット、早いかな。まあ、いいでしょう。

共通テーマ:仕事

入会式に出席して [お知らせ]

こんにちは。何時もの暇つぶしのご訪問ありがとうございます。

さて、昨日、本会主催の入会式、まあ、言うなれば、登録証の交付式ですね。出席しました。
当日出席した新入会者の数は約50名前後。数えた訳ではありませんが、その位でしたね。

まあ、多かったのは、30代、40代位の年齢の方ですね。結構、女性の会員の数も多かったですよ。
拙者と同年齢と思われる方も1名おりましたよ。見た目、外形からですけどね。

さすが、日本一の大所帯の会員数を誇る本会ですね。入会者が後を絶ちません。
でもね。本日の入会者のうち、3年以内に退会となる者の数は、まあ、3分1は下らないでしょうね。

とくに、事務所を借りて、新たに自営として開業する者で、残るのは、精々、10人に1人、1割程度でしょうね。

今時、資格登録して、まあ、どんな資格でも同じことですがね。食べていくのは大変よ。なかなか、新人が入りこめる場所はありません。競争が厳しいですからね。

まあ、使用人たる司法書士もそれらの開業者の動向を安閑として、眺めているわけにはいきませんよ。
来年は、この業界、特に債務整理専門の大手事務所と称される事務所の若い使用人司法書士には、解雇の大嵐が吹きまくることになりますからね。

でもね。解雇されたからと、即、独立は考えものですよ。世の中、アンタらが、考えているほど甘くありませんからね。慎重に考えましょうね。

再三再四、登録入会、廃業を繰り返した拙者からのアドバイスですよ。

もし、どうしても、開業を考えるなら、自分の生まれ故郷、若しくは、配偶者、妻とは限りませんね。資格者が妻なら、旦那のですね。生まれ故郷で開業することですね。

生まれ故郷の町。親族、同窓生などが多く住む町。きっと、温かく迎えてくれて、開業を応援してくれますよ。

なに、今まで、親族などとは疎遠であったとな。それは残念やね。まあ、残念ではありますが、それでも、拙者とすれば、生まれ故郷での開業を勧めますね。何とかなりますよ。それが生まれ故郷ですよ。

なに、アンタは東京生まれかね。それはそれは・・・・・・・・・。独立は諦めたほうが無難かな。
と言うことで、本日は、お開き。

はい。以上をもって、資格登録、本会入会関係の記事の投稿は終了しますよ。

以後は、検索ワードから記事ネタを頂いて、月1、2回程度の投稿とする予定ですが、まあ、予定は未定ですね。申し訳ありませんが。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

共通テーマ:仕事

「合筆してなくなった地番の登記簿ってとれる? 」検索ワードから [閉鎖登記事項証明・閉鎖謄本]

こんにちは。

現役復帰記念第1弾としてですね。まあ、拙者の頭も鈍っていますので、簡単な記事から現役復帰記念として投稿しますよ。

検索ワードから記事ネタいただきました。
「合筆してなくなった地番の登記簿ってとれる? 」かですね。

はい。とれますよ。誰でも、どなたのものでもね。とれますよ。

CP化前の登記簿がブック式(紙の登記簿)の当時の合筆であれば、「閉鎖登記簿謄本」で、CP化後の電子登記簿となってからの合筆であれば、「閉鎖登記事項証明書」ですね。

いずれであっても、交付請求書には、「閉鎖年月日」を記入することになりますね。

で、この「閉鎖年月日」はですね。お手元にある合筆後の「登記事項証明書」の表題部(土地の表示)欄③地積欄の右側に、原因及びその日付[登記の日付]欄がありますね。

その原因及び日付欄に、③何番何を合筆とあって、その下に[平成何年何月何日]とあります。この日付が合筆登記の日付です。

となると、合筆によってなくなった土地の閉鎖登記年月日も、合筆登記年月日と同日、つまり、同じ日付となりますので、その日付を交付請求書に記入することになりますね。

まあ、当然ですが、交付請求する土地の地番は、合筆でなくなった土地の地番、上記例の③何番何の地番を記入しますね。

はい。以上ですね。復帰記念第一弾としますよ。まあ、第一弾があるのだから、第二弾もですか。それはどうでしょうかね。拙者の気を引く検索ワードが出たらですね。簡単な記事が作れるならですね。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

共通テーマ:仕事

法人化成りました。 [お知らせ]

2015/11/07

こんにちは。何時もの暇潰しのご訪問ありがとうございます。

法人化成りにより、初期の目的は達成されたことになりますね。員数合わせの社員としての拙者的にはね。
それにしても、まあ、員数合わせの社員ですから仕方がないのかね。

法人化の設立登記が完了しても、昨日6日の正式な初出社日まで、設立登記完了したことの連絡がなかったのが残念でしたがね。まあ、仕方ないですか。

法人の運営には関与しないことでの入社としてもね。やはり、設立登記が完了した旨の連絡位はね。
拙者も社員たる資格者として登記されているわけですからね。それなりに、気に懸けていたわけですよ。

まあ、残念でしたね。出だしからこれかという感じですね。

まあ、それはそれとして。この法人設立で、これで、グループの代表が目的とした専門資格者法人グループによる総合的なワンストップトータルサービスが提供できる体制ができたことになりますね。

税理士法人、行政書士法人、社会保険労務士法人、そして、司法書士法人のグループですよ。
各法人の名称はグループの代表が念願であった名称で統一されていますよ。ブランド化狙いですね。

ただ、司法書士法人の名称としてはね。どうなんでしょうかね。
名称的に会社などの企業および商売人専門の司法書士法人だと思うかもしれませんね。

この名称では、個人の依頼者はチョット分かり難いので、訪問は難いかも。
でも、拙者、一般市民の個人のお客様を大事にしたいですね。

拙者、市民法務手続き支援の「ホームヘルパー二級修了者」であって、宅地建物取引士(旧取引主任者)有資格者でもあり、行政書士有資格者でもあり、土地家屋調査士有資格者でもあり、そして、その正体は、正義の味方「代書人」を標榜してますからね。

個人のご依頼者のご連絡、ご訪問をお待ちいたしております。是非、ご利用のほど、おん願いた~てまつりますです。

タダですね。残念ながら現時点では、事務所の所在地(ある駅からゆっくり歩いて8分~10分)、電話番号、メールアドレス等のアクセツ手段については、お知らせできないのですね。
 ※11/9訂正 アクセツは誤記だね。アクセスが正しい。拙者、訛っているからね。御免なんしょ。

何故なら、このブログについては、拙者の個人的な意思でもって記事を作っておりますので、グループの代表者の承認が得られませんので、明らかにできないのですね。

まあ、待ちましょうかね。明らかにできる日が来ることを。

それでは、ごきげんよう。サイナラ。

追記、同日、午前11時11分 前の記事が消えてしまったね。前の記事をコピーして作成していたつもりでしたが、上書き訂正で作成して投降したので、前の記事が消えたのですね。まあ、お許しくだされ。

前の記事の概要は、資格登録、事前面談、登録完了についての記事でしたよ。


共通テーマ:仕事

再三再四、四度目の所持資格の再登録ですよ。 [お知らせ]

2015/10/01

こんにちは。

本日は何時もの記事下の広告を消すためのデザインテンプレート変更のお知らせではありませんね。読者諸君、驚くなかれですよ。

まあ、拙者ですね。この歳になってですよ。まさかまさかですよ。
頭の中が溶け始めているこの歳でね。(本当に、でい丈夫かね。自問自答)

まあ、正直に言うと拙者は完全にその約束を失念しておりましたね。
約3年前の約束ですがね。

処がですよ。先日、この3年間に何の連絡もなく、まあ、当然、拙者の方からも連絡を差し上げたこともありませんでしたがね。

青天の霹靂とは、このことを言うのでしょうかね。拙者、ブッ飛びましたよ。

この歳になるとね。こづかい稼ぎのアルバイトを探すのもなかなかね。大変の訳ですよ。それが、向こう様からお声が掛かったのですからね。

約束を実行する時が来たとの連絡を頂いたのですね。まあ、有資格者を必要とされる事情はどうであれ、必要とされる訳ですからね。嬉しゅうござんすよ。資格様々。ありがたや。ありがたや。

(読者諸君、取れる資格は取っとくべきですよ。それも、将来の第二の人生に活かせる資格をです。)

拙者、「おっとり刀」でですね。駆けつけましたよ。

とまあ。そんな訳で四度目の資格の再登録となりましたね。

グループを統率する代表の計画である法人化された各専門資格者の士業グループによるワンストップトータルサービスを提供する為の事務所の設置運営のための人員としてですね。現役復帰ですよ。

まあ、拙者、歳も歳ですからね。事務所法人化のための員数併せのための入所となるでしょうが、士業務で20数年間の実務経験があるので、このブログの記事のように多少は役立つこともあるでしょうからね。

それなりに頑張りますよ。「一期一会」でね。

となると、現役復帰となれば、このブログにも新たな記事を入れることになりますかね。
まあ、それも、追々、ですね。考えますかね。

まあ、一応、近況報告ですね。

本日の暇潰しのご訪問ありがとうございました。
それでは、ごきげんよう。サイナラ。

共通テーマ:仕事

「建物・土地の登記事項証明書 は代理でも取れる? 」検索ワードから [登記事項証明書・登記要約書]

こんにちは。大変ご無沙汰いたしておりますが、拙者、元気ですよ。

月日の経つのは早いものでね。1年8ヶ月ぶりですよ。その間、読者諸君には、新規の記事も無いのにね。再三再四のご訪問ありがとうございますね。

まあ、このブログへの新規の記事投稿は予定しておりませんでしたが、下記の事由に依ってだね。1000ptの当選を狙って投稿しますよ。当たると嬉しいね。

              記

「対象期間中に1記事以上投稿でソネットポイント1000ptが抽選で当たる!」

いつもSo-netブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。
対象期間中に1記事以上投稿でソネットポイント1000ptが抽選で当たる!キャンペーンを実施します。
抽選対象者:
So-netユーザーIDで各期間内に1記事以上を投稿された方
期間:
第1回 2014年3月1日(土)~ 3月31日(月)23:59
第2回 2014年4月1日(火)~ 4月30日(水)23:59
第3回 2014年5月1日(木)~ 5月31日(土)23:59
賞品内容:各期間抽選で100名様にソネットポイント1000pt
                                      以上

と言うことでね。投稿します。でも、拙者、老齢老眼につき簡単な記事でよ。

「建物・土地の登記事項証明書 は代理でも取れる? 」検索ワードからですね。

はい、取れますよ。代理申請が禁止されている分けではありませんのでね。取れますよ。

ただね。前に記事投稿しておりますが、「何人でも」、場合によっては、「猿」でも、まあ、「猿」は冗談ですが、誰でも申請人となって取ることが法律で認められているのにね。

代理人申請とする理由は、後日の証拠として残したいと言うことなのでしょうかね。
厭くまでも、「この申請は、誰々さんに頼まれて、私が代理人として申請してものだ。」と言うことでね。

であれば、その誰々さんからも代理権限を証する書面(委任状)を取っておくことですね。後日のためにね。

はい、以上ですね。これで3月分の抽選に参加できますよ。
検索ワードご協力ありがとうございました。

共通テーマ:仕事

「建物図面訂正申請書」「図面様式」と併せて「お知らせですよ。」 [登記申請手続き]

記事アクセス累計3万回突破記念投稿として、6月末日まで毎日1本以上の投稿を約束しましたが、この投稿で約束した最終投稿となりますね。

読者の皆様には再三再四のご訪問ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたしますね。

さて、本日も記事ネタは検索ワードからいただきました。

「建物図面訂正申請書」、「図面様式」

建物表題登記申請の際に添付して提出した建物図面(判り易く言うと建物の配置図)に誤りがあるのを発見した。

誤っている箇所は、敷地に対して建物の位置が南側、まあ、東でも、西でも良いのですが、説明する都合上、南側に1.8メートル、約1間、ズレている。

若い人は判らんと困るので一言ね。「間」は「けん」と読みますね。尺貫法の長さの単位ですよ。尺貫法を復活せよ。大賛成ですね。日本の古来からの文化ですよ。何でもかんでも、西洋文化に合わせるな。正式に使用を認めろ。

はい、少し、脇道にそれましたね。本題に戻ります。

建物図面の建物の位置がズレているので、これを正しい位置に訂正した建物図面と差し替えたいので、「建物図面訂正申請書」を作成したいのだがその申請書様式はと検索した。

であるか。この場合、申請書ではなくて「地図訂正申出書」に準じて、「建物図面訂正申出書」として作成します。
様式は次のとおりですね。(登記相談の際に確認して下さいよ。)
 ※用紙はA4版縦長、余白上50mm 下30mm 右20mm 左30mm で設定する。


              建物図面訂正申出書

申出の目的  建物図面訂正

添 付 書 類  建物図面(※訂正した新しい図面ですよ。) 現地案内図

平成  年  月  日  何法務局又は何地方法務局 何支局又は何出張所 御中

申  出  人  住所 (登記されている建物所有者の住所)
          氏名 (登記されている建物所有者の氏名) ㊞
              連絡先電話番号 000-000-0000

建物の表示 (※登記簿のとおり記載します。)
    所   在
    家屋番号      番
    種   類
    構   造
    床 面 積    

以上ですね。建物図面の作成も提出済みの図面(登記済権利証に綴じ込んである図面写し)を参考に作成すれば、それほど難しくはないでしょうから、登記所の登記相談を利用して、自分で本人申し出としてやれると思いますよ。数回、通うことにはなるでしょうが。

なお、「図面様式」の「建物図面・各階平面図」と「地積測量図」の用紙は「日本法令書式」で販売してますね。
それぞれ1セット10枚で367円ですね。近くのそれなりの文具屋さんで注文(品番 登記98)するかネット通販を利用するかですね。

以下追加した記事です。本日午後5時30分頃に追加した。
「建物図面・各階平面図」は兼用用紙なので、どちらにも利用できますよ。また、1枚の用紙を右半分は建物図面として、左半分は各階平面図としても利用できますね。

作図については、手書きでも可能ですよ。作図の方式は、0.2mm以下の細線により、図形を鮮明に表示することになっているので、製図用の0.2mmの細線を引けるロッドリングペンが便利ですね。図面用紙を10数枚コピーしてから、建物図面の作図を練習すれば良いと思いますね。
以上追加記事でした。

処で、本日土曜日。毎日が早いよね。拙者の年令になると。早い早い。

拙者、土、日の昼間は結構忙しいのよね。読者の皆さまなればお分かりの筈ですね。この点はご理解いただいていると勝手に推測してますよ。

故に、本日の記事の投稿はこの1本のみですよ。ご了承くださいね。





お知らせですよ。

拙者、ブログへの記事投稿は月数回と決めていますので、七月からは平常に戻ることになりますが、六月中の投稿数が多くなりましたので、それを七月分と八月分の投稿数に繰り越すことにしました。

故に、七月、八月に新たな記事の投稿はありません。(投稿済み記事の更新は、若しかすると?)
幾ら、検索ワードで質問や記事を催促されようとも一切ありませんのでご了承ください。

まあ、暑い時期なのでブログも夏休みとして、PCの使用量を極力減らし省エネに協力したいと思いますよ。
(言い訳が上手いですかね。)

但し、この期間中に記事アクセス累計が5万回を超えるようなら、若しですが、超えたら、それは記事投稿を再開しなくては、それはそれは読者の皆様に申し訳なきことになるので再開ですね。

まあ、そうはならないでしょうね。

それでは、読者諸君、暫らく、オサラバで御座るよ。
お達者でお仕事がんばってね。

共通テーマ:住宅

「閉鎖登記簿謄本は過去何年までさかのぼって記載されているのか?」  [閉鎖登記事項証明・閉鎖謄本]

本日2本目の投稿です。拙者、閑だからね。でも、これから出かけますので、その前にです。
記事ネタ検索ワードからですね。

「閉鎖登記簿謄本は過去何年までさかのぼって記載されているのか?」 ですね。

なんか、誤解がありますね。

登記簿を閉鎖する際に、登記官がわざわざ遡って登記事項を新たに加えたりして、閉鎖登記簿として新たに編さんしてから閉鎖する訳ではありませんよ。

登記簿を閉鎖する時点での有るがままの状態で閉鎖しますので、過去何年分とか限られる訳でもありませんね。

明治時代に登記されたものが残っていても、大正時代であろうと昭和であろうと、数日前に登記完了した登記事項が残っていてもそのままの状態で閉鎖しますよ。

以上ですね。時間となりましたのでこれで。
わざわざご訪問頂きましたが記事物足りなかったね。申し訳ない。

共通テーマ:仕事

「住所が10番地の9を10番地で登記できるの? 」検索ワードから [登記申請手続き]

おはようございます。それでは本日も仕事の合間、合間に覗いてくださいね。
暇つぶしにはなりますよ。なお、勤務時間中の覗き見を上司から咎められても一切責任を負いませんよ。

早速、検索ワードからですよ。
「住所が10番地の9を10番地で登記できるの? 」からです。

詳細が不明のところもありますので、拙者の勝手な解釈で事例を分けますよ。

事例1として 
所有権移転登記(所有権保存登記)を申請する際して、買主(所有者)の住所は「10番地の9」なのだが、枝番なしの「10番地」で登記できないか。

これはできませんね。登記申請書の添付書類として、住所証明書(住民票・住所登録証明書)を提出することになりますからね。例え、枝番であろうと省略して登記はできませんよ。

事例2として ( 検索者の意図したところは、多分、こちらでしょうかね。 )
所有権移転登記(所有権保存登記)を受けたが、登記された所有者の住所が「10番地」と記入されいる。実際の住所は「10番地の9」であるのにどう言うこと。

先ず、登記を受けた際に添付書類として提出した住所証明書記載の住所が「10番地の9」であれば、これを「10番地」とした登記は誤りなので、「錯誤」を登記原因として所有権登記名義人住所更正登記が必要になりますね。

住所の枝番を見落として登記申請書を作成して提出したところ、通常であれば、住所証明書との突き合わせ調査で補正に引っ掛かるのに、それがなぜか通ってしまって登記完了。これ、あるのね。(お恥ずかしながら、拙者にもね。)

この場合に登記官の調査ミスを主張しても通りませんよ。登記官は提出された申請書記載のとおりに登記記入して完了したものなので、住所更正登記は申請人側からどうぞですね。

逆の場合、申請書には正しく住所が記載されているのに、登記官が登記の記入を誤って登記完了した。この場合は「職権更正登記」を求めて登記官に相談してください。

共通テーマ:仕事

「要約書に登記年月日が2つある?宅地」検索ワードから [登記事項証明書・登記要約書]

記事ネタ頂きました。検索ワードからです。

「要約書に登記年月日が2つある?宅地」ですか。

旧様式(A4版よこ向き用紙)の登記事項要約書と言うことはないやね。

であれば、一つの枠内に登記年月日が上下2つある。
その要約書は土地の地目を宅地に変更登記をした後に取ったもの。

であるか。然らば、上の登記年月日には、何年何月何日変更、又は何年何月何日地目変更と記載されてますね。
この日付はその土地の地目を「畑」、「田」、「山林」、「原野」などから「宅地」に変更した日付ですね。

でもって、下の登記年月日にはカギ括弧付きで、〔 何年何月何日 〕 とありますね。
このカギ括弧付きの日付は、登記が完了した日付ですね。これは他の登記であっても同じですよ。

不動産の登記事項証明書及び登記事項要約書の「原因及びその日付」欄に記載されたカギ括弧付きの日付 〔 何年何月何日 〕 は登記完了日ですね。

以上です。

これで、本日の記事投稿は終了いたしました。本日のご訪問ありがとうございました。
それでは、また、明日まで、サイナラ。

共通テーマ:住宅

「会社の閉鎖登記をする必要があるか」検索ワードから [閉鎖登記事項証明・閉鎖謄本]

おはようございます。本日も、ご多忙の中ご訪問を頂きありがとうございます。
本日も検索ワードからです。

「会社の閉鎖登記をする必要があるか」ですか。

あの~ですね。会社商業登記、まあ、不動産登記でも同じことなのですが、申請人の方から、例えば、株式会社登記閉鎖登記申請書、又は、土地登記閉鎖登記申請書を提出して、登記簿閉鎖の申請手続きを取ることはありませんと言うよりもこれは申請できませんね。

登記簿(登記記録)が閉鎖されるのは、申請人から登記簿が閉鎖される事由となる何らかの登記申請があって、初めてその登記結果として登記簿が閉鎖されることになりますよ。

会社商業登記の場合ですと組織変更であったり、合併であったり、管轄外への本店移転であったり、会社解散後の清算結了であったりですね。不動産の場合では、土地合筆であったり、建物滅失であったりとそれらの登記申請をすることで、その結果として、登記簿(登記記録)が閉鎖されることになりますね。

と言うことで、標題の「会社の閉鎖登記をする必要があるか」ですが、これは、その株式会社、「会社」とありますので、一応、株式会社としますよ。

株式会社が事業を廃止し廃業するのであれば、先ず、株主総会で「会社解散の決議」をする必要がありますね。

株主総会で解散決議後、本店所在他の登記所に2週間以内に「株式会社解散登記申請書・株式会社清算人就任登記申請書」を提出する必要がありますよ。これは、登記申請義務が課せられておりますので、その期間に遅れると「登記申請懈怠」として、懈怠金の支払いを求めるて過料に処せられますよ。と、一応、脅しておきますね。大丈夫、一ケ月程度であればね。

株式会社解散登記後、会社は清算会社としてその清算手続き(残余財産の換価処分など)の範囲内で存続することになりますので、この時点で、会社登記簿が閉鎖されることにはなりませんね。

でもって、会社が清算手続きが全て終結し完了したときは、清算人から「株式会社清算結了登記申請書」を提出する必要があります。その清算結了登記が完了するとここで登記官が登記簿を閉鎖することになりますよ。

登記官が商業登記簿(登記記録)を閉鎖すると、その後、20年間は商業登記閉鎖登記簿(閉鎖登記記録)として、登記所で保存することになりますね。

以上です。

共通テーマ:仕事

「地図証明書」,「地図の写し証明書」 [地図図面証明]

おはようございます。本日もご訪問頂きありがとうございます。

「地図証明書」と「地図の写し証明書」は、同じもの。別なもの。?

証明する内容的には同じものと言うことができますが、作成される手段・方法が違うために、認証文に大きな違いがありますね。

先ず、「地図の写し証明書」から。

これは、CP化されていない地図及び地図に準ずる図面(旧公図)の写しとして作成されたものであることを証明する書面ですね。
作成方法としては、複写機を利用して写しを作成することになります。

この場合の認証文は次のとおりですね。

「これは地図の写しである。」,又は「これは地図に準ずる図面の写しである。」と付されています。

でもって、「地図証明書」です。

これは、地図がCP化されて電磁的記録に記録されている地図及び地図に準ずる図面(旧公図)の内容を証明する書面ですね。
作成方法は記録されている内容を出力して印刷することになりますね。

この場合の認証文は次のとおりです。

「これは地図に記録されている内容を証明した書面である。」,又は「これは地図に準ずる図面に記録されている内容を証明した書面である。」と付されています。

どうですか。同じものですか。
そうですよね。内容については同じものであっても書面としては別なもの。

貴方もプロ。なれば、しっかりと使い分けることですね。

これは、「登記簿謄本」と「登記事項証明書」についても言いますよ。
今度、取った時に確認してくださいな。これらの認証文の相違点についてもね。

共通テーマ:住宅

「閉鎖事項証明も3カ月以内の日付」検索ワードから [閉鎖登記事項証明・閉鎖謄本]

引き続き、検索ワードからです。

「閉鎖事項証明も3カ月以内の日付」ですか。

相手先に閉鎖事項証明書(閉鎖登記簿謄本の場合もありますね。)を提出したら発行日から三ケ月以内のものをと要求されたのでしょうね。

それで、貴方は閉鎖事項証明書なのに、「なぜに。」と思った。

そうですよね。貴方の思っているとおり、これは、意味ないでしょうね。何時の日付のものでも関係ないですよ。

なぜなら、登記簿が閉鎖された日以降に、その閉鎖登記簿に新たな登記事項が記入されることはありませんよね。言ってみれば、その閉鎖日で登記簿の登記事項は固定されている訳で動くことはありませんね。

と言うことは、閉鎖登記事項証明書に記載されている登記事項は、その閉鎖された日付時点の登記事項そのものですよね。

正に、今日取ったものでも、三ケ月前に取ったものでも、1年前、10年前に取ったものでも、その閉鎖事項証明書(閉鎖登記簿謄本)の登記事項の内容に変更、異動などはありませんね。

ここが登記事項証明書と違うところですね。前の記事と関連しますが、登記事項証明書は発行日時点の登記事項を証明するものですからね。明日のことは判りませんよ。明日、変更登記が申請されれば登記事項に変更が生じる、異動が生じる訳ですからね。

不動産などでありますね。登記事項証明書からは抵当権設定登記なしと思ったら、証明書発行日の翌日に、新たな抵当権が設定されたり、差押えが入ったりしてね。あるんですよ。これがね。だから、直前のものが必要なわけですよ。

閉鎖事項証明書(閉鎖登記簿謄本)については有り得ませんね。そんなことは。新たな登記事項が入るなどと言うことは。

故に、貴方の思っているとおり閉鎖事項証明書は発行日から三ケ月以内のものなどとするのは意味なしですよ。ただ、これも、説明しても理解できない訳のわからない連中が多いのも確かですよ。

共通テーマ:住宅

「会社登記簿謄本発行から何時まで有効期限」検索ワードから [登記事項証明書・登記要約書]

おはようございます。ご訪問を頂きありがとうございます。
本日も検索ワードからです。

「会社登記簿謄本発行から何時まで有効期限」ですか。

有効期限があると誤解している読者諸君が多いですね。不動産の登記事項証明書についても同じなのですが。

商業登記法の何処に、第何条に規定されていますか。

公文書たる証明書に有効期間を設けるなら、その証明書を発行することができる根拠となる法律などに、「発行する証明書の有効期間は発行日から何日間、何ヶ月間、又は、何年年月何日までとする。」などの規定を置かなくてはなりませんね。

当然、発行した証明書本体にも、有効期間の定めがあるなら記載されますよ。

商業登記法に、不動産登記法にもですが、発行する登記事項証明書の有効期間の定めなどは一切ありませんね。

では、なぜに、このような誤解、有効期間があるという誤解が多いかと言うとですね。

交付を受けた登記事項証明書などは、交付を受けた本人から他の役所や取引先たる他の会社に提出するものがほとんどですよね。

例えば、他の役所に許認可申請をする時に添付書類として提出する登記事項証明書は、発行日から三ケ月以内のものを提出することなどとされている例がほとんどですよね。

また、取引先の相手会社などが登記事項証明書は、三ケ月以内のものをと要求しますね。
まあ、一か月以内のものを、一週間以内のものをと要求される場合もありますがね。

登記事項証明書などを使用すると、必ず、何時までのものをと要求されることが多いので、何時しか有効期間があるのだと誤解するようになったのでしょうね。何時も何時もですからね。

誤解ですね。登記所の発行する登記事項証明書・印鑑証明書などに有効期間の定めはありませんよ。

ただ、だからと言ってね。提出先で要求しているのに「有効期間は無い」などと突っ張って見ても、相手にされませんよ。なら、許可しないよ。お金貸さないよ。取引しないよ。と為りますからね。

それはそれ。これはこれと言うことですからね。

仮に、拙者がですね。「マチ金」ならですよ。有効期間など設けませんよ。お金貸付実行直前の即日発行のもを要求しますね。

だってね。会社などが証明書発行日の翌日に、代取変更・商号変更・本店移転などをする例が、儘、ありますからね。発行日から三ケ月間などと悠長なことはしませんよ。即日、当日ですよ。

拙者が有効期間を設けるなら証明書が発行された瞬間だけですね。多少、譲歩しても当日だけ。

共通テーマ:仕事

「法務局の謄本の処分期限は」検索ワードから [登記事項証明書・登記要約書]

記念投稿第10弾。記念投稿の最終弾とします。
まあ、何が記念投稿なのかね。普通投稿との相違点は・・・・・・。はい、特にありませんね。

「法務局の謄本の処分期限は」検索ワードから。

これ、拙者の解釈では「登記所(法務局)で発行しした登記事項証明書などを請求人が受領しないままになっている場合の当該証明書等をいつ処分するのか。その期限は」ですね。

ありますね。受領しない証明書など結構ありますよ。

大体、そのように放置する請求人が交付請求書に記載する住所は管轄外の住所で、それも、遠くの住所ですね。たまたま、近くに来たので交付請求をしてみたか。

請求人の住所氏名から電話番号も、一応、調べますがね。判らんですよ。
証明書の「食い逃げ」もあるくらいですからね。放置するなどは「屁の河童」ですよ。無責任ですよね。

受領しないままで放置されている登記事項証明書などは、一ヶ月間は登記所で保管しておきますが、その一か月の期間経過後は適宜廃棄処分することになっておりますよ。

共通テーマ:仕事

「最終支番とは」「地図に枝番がない」(地図訂正申出書)検索ワードから [地図図面証明]

記念投稿第9弾。

「最終支番とは」検索ワードから。

拙者、登記用語として「最終支番」と称するものを見聞きしたことがないので、これは、多分、土地の地番の最終支号でしょうね。

地番の本番(俗称で、元番・親番)に付けられた支号(俗称で、枝番・子番)ですね。
例えば、地番が「10番5」であれば、「10番」が本番で、「5」が支号となりますね。

既に投稿済みですが、「不登法」の規定によれば、地番10番の土地を最初に分筆すると、10番の土地は分筆元地として10番1と支号を付して新たに付番されることになります。

分筆先の土地には分筆区画数によって支号を付して付番されますので、新たに分筆した区画数が4区画(4筆)であれば、その4筆の土地には新たな地番として、10番2から始まって、10番3,10番4,10番5と付番されることになりますね。で、この場合には、最終の地番が「10番5」なので、最終支号は「5」ですよね。

で、その後、地番10番3の土地を3区画(3筆)に分筆すると、分筆元地となる10番3の地番に変更はありませんが、分筆先となる新たな2筆の土地には、先の最終支号となっている「5」の次の番号「6」を支号として、起番することななりますので、新たな2筆の土地の地番として、10番6,10番7が付番されますね。

でもって、この時の最終地番の支号は「7」となります。

故に、土地の分筆登記が繰り返されると最終支号を次々と追いかけて、付番することになりますので、開発分譲地などでは、土地の地番が本番より支号の番号が大きな数字となることもありますよ。例えば、地番10番50だったり、もっと大規模開発分譲地などでは地番10番1000もありますよ。


「地図に枝番がない」検索ワードから。

前の投稿記事と関連しますね。
登記簿の地番には支号(枝番)があるのに、地図(公図)にはその支号がない。漏れている。

であるか。であれば、登記申請に準じて、「地図訂正申出書」を登記所に提出することになりますね。
申出書と併せて、添付書類として、「地図の地番に誤りがあることを証する書面」も提出することになりますよ。

土地家屋調査士などの資格者代理人を使わないで、自分で、本人申し出として手続きするなら、一度、登記所の登記相談を受けてから手続きすることですね。

申出書の作成は、そんなに難しいことではありませんが、「地図の地番に誤りがあることを証する書面」として、
どのような書面が必要か。また、どのように作成するかは良く相談することですね。

様式は次のとおりですね。(登記相談の際に確認して下さいよ。) ※H24.7.17.追加更新
 ※用紙はA4版縦長、余白上50mm 下30mm 右20mm 左30mm で設定する。


              地図訂正申出書

申出の目的  地図訂正(地番支号遺漏)

添 付 書 類  地図の地番に誤りがあることを証する書面

平成  年  月  日  何法務局又は何地方法務局 何支局又は何出張所 御中

申  出  人  住所 (登記されている土地所有者の住所)
          氏名 (登記されている土地所有者の氏名) ㊞
              連絡先電話番号 000-000-0000

土地の表示 (※登記簿のとおり記載します。)
    所   在
    地   番
    地   目
    地   積
                    以下余白
       
以上ですね。

共通テーマ:住宅

「地積測量図に地図書入れ済とありますが」検索ワードから [地図図面証明]

記念投稿第8段。・・・ん?。今、気が付いたけど、この場合の「だん」は、「弾」が正解?。・・・・だよね。
訂正します。記念投稿第8弾ですね。前に投稿した記事もそのうち暇を見ながら訂正しますよ。訂正した。

「地積測量図に地図書入れ済とありますが」検索ワードから

本日は簡単な記事にします。

この「地図書き入れ済」とは、土地分筆登記の際に、まま、地図(公図)に新たな分筆線(分割線)を引くのを忘れたり、新たな地番を書き入れるのを忘れたりすることがあるのですね。

登記所の調査担当者の方も、土地分筆申請書を調査して、分筆元の登記事項を確認して、分筆先となる新たな登記簿に現に効力ある登記事項を移記して編さんをする。

多少は、効率化を図られているでしょうが、これは電子登記簿となっても同じような作業をする訳で、なかなか、忙しいわけよね。

すると、彼らも、人間ですからね。うっかり、忘れる場合もありますよ。

そこで、それを防ぐために、地図に分筆線(分割線)を引いたぞ。新たな地番を書き入れたぞ。と確認したことを残すために、地積測量図に「地図書入れ済」と入れたのでしょう。スタンプ印の登記所もありましたね。

共通テーマ:仕事
前の20件 | -